2018年11月13日 (火)

雨水の影響

腰窓の庇に確認された被害 昨日はいつもお世話になっているリフォーム業者さんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。腰窓の庇が腐朽しており、シロアリ被害らしきものが確認されるとのことから、シロアリ調査のためお伺いした次第です。

早速被害箇所を確認すると、雨水による腐朽に併せてシロアリによる被害も確認されました。そのため、床下側からの点検調査を実施しました。

床下側からの点検調査では、過去に実施されたシロアリ予防処理跡も確認されましたが、明らかに新しい蟻道の構築や被害なども確認されました。但し、今回の腰窓被害箇所の部分は増築部分であり、床下へ侵入しての点検調査はできませんした。

リフォーム業者さんへ床下点検口の新設をお願いし、設置次第シロアリ調査を再度実施することとなりました。現時点のシロアリ調査結果では、ゴキブリの生息や死骸が多数確認されており、お施主さまの要望もあることから、総合的な対策を考える必要があります。最終の点検調査で、お施主さまの希望に合う対策を提案したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

活動させることが重要です

処理後3時間経過した様子 昨日は、いつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ駆除処理でお伺いしました。先日シロアリ調査を実施している物件で、屋外基礎面にシロアリが蟻道を構築しています。

シロアリ駆除処理としては、床下側と屋外側から処理しています。床下側から実施した前回のシロアリ調査では、土台に広がった被害範囲を特定しています。床下側からは必要最小限の薬剤量で注入処理を行うとともに、屋外の蟻道部分からも薬剤注入処理を行っています。

シロアリ駆除処理では、薬剤の種類や処理濃度、処理量を最適化する必要があります。このシロアリ駆除処理では、コロニーの駆除を目的として処理しています。シロアリのコロニーを駆除するために、伝播性のある薬剤を使うようメーカーさんは推奨されます。

ここで注意しなければならないのは、伝播性はシロアリによってもたらされるものであって、処理すれば伝播性が発揮される訳ではないのです。高濃度大量散布した場合、後から侵入してきたシロアリにはある程度伝播される可能性はあります。しかし駆除処理場面において、高濃度大量散布すると伝播する前に致死してしまい、伝播どころではありません。薬剤は特性を生かして処理してこそ意味があるのであって、マニュアルに従って処理するのはシロアリのことを知らないと言っても過言ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

表面の蟻道に騙されてはいけません

表面の蟻道はカモフラージュです 右の写真は、先日シロアリ駆除でお伺いした京都府内の物件で撮影した1枚です。壁面へ薬剤注入処理を実施している様子です。

この物件はベランダの壁面で、コーナー部分にシロアリが構築した蟻道が確認されています。シロアリ調査でお伺いした時点では、既に蟻道の一部が壊れた状態でした。しかしこの場所を非破壊シロアリ探知機で調査した結果、シロアリの活動を探知しました。

このケースでは、蟻道はカモフラージュであり、実際のシロアリの動きは壁内で行われています。シロアリ調査で目に見える情報が全てではなく、シロアリの生態を考慮した調査が重要となります。非破壊シロアリ探知機も、シロアリの生態を理解していないと使えません。シロアリ探知機は勝手にシロアリを探す機械ではなく、シロアリを探すのは人間です。

先月実施した建築士の先生やハウスビルダーさん向けのセミナーでも話しさせて頂きましたが、目視で見える範囲は僅かですので本当のシロアリの生態を理解することが重要です。インスペクションの一部として床下の点検調査が行われていますが、その調査で違和感があった場合、必ずシロアリ技術者に点検調査を行ってもらう必要があります。

ちなみにシロアリ防除業者の中に、シロアリ技術者はごく僅かです。殆どが薬撒き屋ですので、本当のシロアリの生態を理解していないのが現状ですので、ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

翅の生えたクロアリ

壁面を徘徊するサクラアリ 昨日は、定期的にシロアリ点検調査でお世話になっている兵庫県内のお施主さまからご連絡をいただきお伺いしました。室内で翅の生えたクロアリが徘徊しているとのことで、調査のためお伺いした次第です。

早速現場で調査を行った結果、徘徊していたありはこのシーズンの定番とも言えるサクラアリでした。この時期はシロアリよりもサクラアリの方が圧倒的にお問い合わせをいただくほどの定番です。

問題はサクラアリがもたらす害ですが、食品に群がるなどの害がありますが、人に対して大きな危害を及ぼすものではありません。そのため、カテゴリーとしては不快害虫に分類されますので、お住まいの方が不快で仕方ないかどうかがポイントとなります。

駆除処理を実施するか否かは、お施主さまの要望に応じて実施します。ちなみにお施主さまは何度か市販の殺虫スプレーをかけたそうですが、かけた場所から少しずれた箇所でまた徘徊するとのことです。この結果からも、市販の殺虫スプレーでの駆除は無理だと思っていただいて結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

天井付近で確認された虫

天井付近で徘徊するサクラアリ 昨日は以前シロアリや害虫対策でお世話になったマンションのオーナーさまからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。室内で虫が徘徊していると入居者さまから相談を頂いたことから現地調査のためお伺いしました。

早速入居者さまから聞き取り調査を行うと、発生しているのは廊下天井付近のクロスの破れた箇所付近とのことです。その付近を調査観察を行うと、虫の徘徊が確認されました。捕獲し、事務所へ持ち帰り同定した結果、サクラアリでした。この時期に羽アリを出す種として知られており、非常の小型のアリです。

入居者さまやオーナーさまの意向から、駆除処理を行うこととなりました。但し、生息範囲の把握を目的とし、入居者さまに1週間観察して頂くこととなりました。

サクラアリ駆除の誤った対策として、市販の殺虫スプレーを噴霧することです。殺虫スプレーがかかったサクラアリは致死しますが、忌避成分により生息範囲をかえって広げるリスクがあるため注意が必要です。

サクラアリ駆除について簡単にできるように記載しているホームページをよく見かけますが、偶然に成功した事例が多いようですので鵜呑みにされないことをお薦めします。なおサクラアリ駆除につきましては、阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

床下は物置ではありません

床下に放置された木材 右の写真は、先日シロアリ調査でお伺いした物件で撮影した床下に放置された木材です。これは古民家でよく見られる傾向で、床下を物置と考えられる方が多いようです。しかし、これはシロアリを呼び込む要因となります。

シロアリは地中に生息する昆虫で、枯死した木材を餌としています。自然界では、倒木や枯死した木の根などを餌として生息しています。

容易に餌を採取するためには、生息場所である地中から直接枯死した木材へ侵入できることが最も効率的です。そのため、倒木や枯死した木の根はシロアリにとって好都合です。

そのため、木材と地面が直に接している状態であれば、シロアリが侵入可能です。家屋周辺の庭木の支柱や生垣などにシロアリ被害が見られるのはこれら理由によるものです。ですので、床下に木材を放置すればシロアリが侵入するのも、当然と言えるのです。決して、床下を物置にしないようご注意頂きますようお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

被害部薬剤注入処理

被害部薬剤注入処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ駆除処理でお伺いしました。先日シロアリ調査を実施した物件で、ハウスビルダーさんとお施主さまの間でシロアリ対策として、シロアリ駆除処理と侵入防止処理を実施することとなりました。今回は、先行してのシロアリ駆除処理の実施です。

事前のシロアリ点検調査でシロアリの侵入経路、シロアリの活動生息範囲を調査し終わっていますので、今回はそれら箇所から薬剤注入処理を実施しました。

薬剤はシロアリのコロニーを駆除するため、種類の選択、処理濃度と処理量の適正化を行っています。そのため、シロアリコロニーの駆除が完了するまで、少し時間を要します。そのため、施工後数週間後に駆除完了を確認し、侵入防止処理を実施する予定です。

シロアリ侵入防止処理の実施は、建物の構造や地中に想定されるシロアリのコロニー数などを勘案し、薬剤による処理で対応するのか、点検調査で対応するのかをある程度判断します。侵入するリスクが少なければ点検調査で対応しますが、侵入するリスクが高い場合は点検調査を密に実施するか、薬剤処理による侵入防止をお薦めします。当然コストも関係しますので、点検調査の方が費用が掛かる場合もあります。そこでハウスビルダーさんやお施主さまと相談して、シロアリ対策を決定します。勿論、侵入防止処理は一般な薬剤大量散布ではなく、建物構造とシロアリの生態、シロアリ調査結果から必要最小限の薬剤量で対策を実施します。

シロアリ対策は、薬剤大量散布による方法だけではありません。当社では、シロアリ調査結果を元に安全で安心な、シロアリ対策を提供します。自分の家であればどのような処理をするかを常に考えます。シロアリ調査、対策のお問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

カビは発生するもの

床板裏面で確認されたカビ 昨日はいつもお世話になっている設計事務所の建築士の先生からの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ点検調査でお伺いしました。

この物件では、約2年前にリフォームが実施されました。その際にはシロアリ被害等確認されなかったことから、侵入防止等のシロアリ対策は見送られそうです。小員のセミナーを聴講いただいた際、リフォーム後はシロアリの侵入が増える傾向があるという内容に不安を持たれ、シロアリ点検調査の依頼をいただいた次第です。

床下側からの点検調査結果ですが、現時点でシロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでしたが、床板の裏側にカビの発生が確認されました。この物件の床下には土間コンクリートなどが打設されていない土が露出した床下です。

土が露出している床下は、その土地によって大きく状況が異なります。地下水源の近い場所では土壌表面からの水蒸気蒸発量が多いため、床下が高湿度状態となります。木材にはカビの餌となる微生物が多くありますので、一定以上の湿度があれば生えるのです。

それではカビが生えることが問題かと言えば、実は大きな問題ではありません。日本は海外と異なり高温多湿に対応するため、床下という空間をつくり室内と分離することで湿気に対応しているのです。

床下の点検調査で湿気が高くカビの発生が確認されているので、床下環境改善策として床下換気扇や床下調湿材(備長炭や竹炭などを含む)を勧める業者がいます。カビと接触することがなければ、何もしなくてよいのです。高額な床下環境改善商材は、耐費用効果の期待できるものではないのでご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

巣内では羽アリが活動中

Kanmonensis15 右の写真は、シロアリフォーラムメンバーであるサトーシロアリ技研の佐藤さんから送付頂いたカンモンシロアリです。カンモンシロアリは関門海峡周辺に生息するヤマトシロアリの亜種で、外見上はヤマトシロアリと区別はつきません。

しかし生態はヤマトシロアリと異なり、羽アリの群飛時期は2~3月で、まだ寒い時期に発生します。空中蟻道をよく構築し、比較的高所まで被害を及ぼすことから、軒シロアリとも呼ばれています。

佐藤さんから頂いた被害木材を解体すると、中から有翅虫(羽アリ)が確認されました。ヤマトシロアリの場合、4月末~5月上旬に羽アリが発生しますが、巣内で羽アリになるのは群飛直前から長くても数週間前程度です。しかしカンモンシロアリの場合、この時期には既に羽アリとなり巣内で活動しており、ヤマトシロアリと生態がかなり異なります。外見が殆ど一緒なのに、亜種になるとここまで生態が違うことに驚かせられます。

羽アリとして羽化した後、餌は取らないとされていますが、ヤマトシロアリのように落翅虫までの期間が短い場合は対応できるでしょうが、カンモンシロアリの場合この長期間をどうやって生き延びるのかがわかりません。シロアリの生態は知っているようで、まだまだ知らないことが多くあります。

シロアリを飼育し観察すること、生態を理解することで、シロアリ駆除のヒントが貰えます。生態を理解することで、点検調査のポイントを絞り込むことができます。シロアリ調査やシロアリ駆除、シロアリ対策をお願いする場合、そのシロアリ防除業者がシロアリを飼育観察しているかがポイントですので、ご参考ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

屋外に形成された蟻道

屋外に形成された蟻道 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内のリフォーム予定の物件にシロアリ調査のためお伺いしました。

この物件は、これまでに何度もリフォームが繰り返された物件とのことです。今回のリフォーム準備段階として調査打ち合わせでハウスビルダーさんが訪問した際、見つけられた蟻道が右の写真です。床下側からの点検調査でも、ヤマトシロアリによる被害や蟻道の構築が確認されました。

ちなみのこの屋外の蟻道は、建物南側です。シロアリは湿気を好むため、建物北側に多く生息すると言われるシロアリ防除業者がいます。残念ながら、シロアリの生態を理解されていないとしか言いようがありません。シロアリが生息していくためには水分が必要で、その水分は食害部から供給される場合もあれば、自ら持ち込みケースなど多岐に渡るのです。乾燥がシロアリ対策であるとするのは、人間の勝手な考え方です。シロアリは環境に順応して生息していますので、乾燥はシロアリ対策ではないのです。

シロアリ対策は、適切なシロアリ調査によって策定されるべきものであり、マニュアルによって処理されるべきものではありません。マニュアルによるシロアリ防除は、薬剤大量散布による高額な方法であり、お住まいの方へ薬剤曝露リスクを向上させる方法です。当社ではシロアリ駆除処理を基本とし、シロアリ調査結果に応じたシロアリ対策を提案します。シロアリ調査及びシロアリ駆除、シロアリ対策に関するお問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«薬剤処理が不必要な床下