« パソコン研修 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ »

2007年1月24日 (水)

アロマの恐怖

その事件は事務所から自宅へ戻ってきたときに起りました。

妻が友人からアロマランプを借りてきてつけていたのです。どうやらぜんそくに効くアロマだとか。

私はアロマに対するアレルギーがあるのです。部屋に入った瞬間から、鼻の粘膜が痙攣をはじめ、めまいがして立ってもいられない状況でした。

仕事柄、フィトンチッドやヒノキチオールを扱うことがこれまでもありましたが、いずれの場合も素手では扱えず、マスクをして精油成分を吸わないように十分注意をしていました。

化学物質過敏症の一種なのでしょう。アロマという天然物であっても、ガス化して体の中に入ってくるのは化学物質です。シロアリ用薬剤のほうが体に悪そうなのですが、最近のシロアリ用薬剤のガス化しないので、体に取り込まれる量が少ないのでしょう。

そのアロマを販売している会社のパンフレットをみると、アロマアレルギーに対してなんら記載されていなかったことがとても残念でした。

たしかにアロマで癒される人もいるでしょう。しかし、私のようなアロマアレルギーの人間がいることもいることを理解して貰えるとありがたいです。

逆に、シロアリ薬剤に対するアレルギーの方がおられることを肝に銘じて、シロアリ防除にあたりたいと思います。

|

« パソコン研修 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アロマの恐怖:

« パソコン研修 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ »