« 施工の内容が重要である | トップページ | 定期点検(14) »

2008年4月15日 (火)

アメリカカンザイシロアリ-29

Kanzai029 アメリカカンザイシロアリの落翅虫(羽を落とした羽アリ)を小分けして既に1年が経過しました。

非破壊シロアリ探知機『ターマトラック』で生息を確認すると、バーグラフに反応が出て生息していることが確認できます。

写真にもある木片では4頭の落翅虫が侵入して行きました。その割にはあまり糞が確認されません。

一方、小さな木片には1頭の落翅虫が侵入しましたが、糞の量が多く確認されています。

もしかしたら、大きな木片から小さな木片へ移動しているかもしれませんね。今後も観察を続けて行きたいと思います。

|

« 施工の内容が重要である | トップページ | 定期点検(14) »

コメント

昨日、関東の栃木県で羽アリの発生がありました。

投稿: エスケイユニオン | 2008年4月16日 (水) 09時09分

早いですね。早く出る何か理由はあったのでしょう。

投稿: シロアリ調査隊 | 2008年4月16日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/40878823

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカカンザイシロアリ-29:

« 施工の内容が重要である | トップページ | 定期点検(14) »