« 床下点検口がない(2) | トップページ | 新築予防に思うこと »

2008年5月23日 (金)

儲ければそれでよいのか

Inspection51 先日、シロアリ調査でお伺いした神戸市内の物件での話しです。

羽アリが発生したので、慌てて電話帳を見てあるシロアリ業者へ無料調査を依頼されたそうです。そのシロアリ業者が床下を点検後に説明を聞いたところ、そのお施主さまはすぐさまその業者を追い返したそうです。その後、お施主さまの息子さんがWEBで当社を知り、ご連絡頂いた次第です。

写真はその床下ですが、床下土壌表面が白く見えています。調査終了後、お施主さまに『石灰を撒かれたことがありますか』とお尋ねすると、過去に撒いたことがあるとのことでした。

どうやら前の業者は石灰をカビと見間違え、『床下の土壌にカビが生えています。シロアリの予防になるので、床下換気扇か床下調湿材を施工しませんか』と言われたそうです。石灰を撒いたことを知っているお施主さまは、いい加減な調査を行った業者を追い返したそうです。

明らかにカビでないものはわかりますし、判別しにくいものでも拡大して観察すれば容易にわかるはずです。同じ業種の人間として、非常に残念でなりません。

確かに床下換気扇や床下調湿材は売上や利益に貢献するかもしれません。しかし、私は自分の持ち家ならばどうするかを常に考え、お施主さまに喜んで貰える仕事をしたいと思います。

|

« 床下点検口がない(2) | トップページ | 新築予防に思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/41295337

この記事へのトラックバック一覧です: 儲ければそれでよいのか:

« 床下点検口がない(2) | トップページ | 新築予防に思うこと »