« ネバダオオシロアリ(6) | トップページ | 侵入経路 »

2008年5月17日 (土)

再発時だけでなく

Ttd30 昨日は知り合いのシロアリ業者から『数年に渡り再発したので駆除を手伝って欲しい』とのことから遠方への工事となりました。

名神高速道路春季集中工事のため、早朝出発し新しく開通した新名神を通りおよそ3時間半かけて現場へ到着しました。

この物件では既に3度の羽アリが確認された物件です。最新の羽アリは2階の窓際やベランダなどで確認されています。羽アリの出た日が異なるので明らかに複数のコロニーがあると推察されます。

非破壊シロアリ探知機『ターマトラック』でシロアリの生息を確認し、駆除を行いました。

シロアリ駆除においては、再発時だけでなく生息調査が最も重要となります。きちんと調査が行われば駆除の7割は終わったと言えるでしょう。

最近、調査をおろそかにして、見積書を出して営業ばかりする業者が見られます。シロアリ駆除の第一歩は調査です。調査する、観察する、想定するが重要です。このブログを見て頂いているシロアリ業者の皆さん、この基本を忘れずにシロアリ駆除に取り組んで下さい。

|

« ネバダオオシロアリ(6) | トップページ | 侵入経路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再発時だけでなく:

« ネバダオオシロアリ(6) | トップページ | 侵入経路 »