« アメリカカンザイシロアリ-33 | トップページ | 2008秋セミナー »

2008年8月22日 (金)

震災の影響

Inspection70 先日調査を行った神戸市内の物件の床下です。

この物件の床下はベタ基礎ですが、大きなクラック(ひび割れ)が発生しています。築年数から阪神・淡路大震災前の建物なので、震災の影響ではないかと考えられます。不同沈下の影響も無視できませんが、こうしたクラックはシロアリの侵入経路となります。

だからと言って薬剤を大量散布する必要はありません。薬剤を使うのであれば、薬剤を選定した上で部分的に使用すれば良いでしょうし、定期的に点検するだけでも対策になります。

但し、このクラックばかりに目を向けすぎると、もっと見えない部分からの侵入があるので十分注意が必要です。

|

« アメリカカンザイシロアリ-33 | トップページ | 2008秋セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災の影響:

« アメリカカンザイシロアリ-33 | トップページ | 2008秋セミナー »