« 貴重な休日 | トップページ | 駆除と予防を一緒にするから問題である »

2008年11月11日 (火)

床下から見えるとは限らない

Inspection80 昨日は西宮市内でのシロアリ調査でした。この物件では、屋外から蟻道が上がっていますが、床下側には蟻道はなく、僅かに蟻土が確認できました。ちなみに被害は2階ベランダの壁内のバラ板や貫に甚大な被害があったそうです(現在は修復済み)。

こうなると下からベランダまで上がっているように考えられますが、非破壊シロアリ探知機ターマトラックで調査すると、どうやら2階と床下は現時点でつながっていないようです。

この物件に生息するシロアリはヤマトシロアリなので、過去はつながっていた可能性が考えられますが、現時点では分断されています。コロニーの融合と分裂を繰り返すヤマトシロアリは、調査の時点でどこに生息するかを見極めることが必須です。

先日あった事例ですが、調査も行わずに床面積だけで見積を出す業者がいます。これは明らかに『シロアリを駆除する』のではなく、『薬剤を撒く』だけにしか過ぎません。このような業者に限ってシロアリ駆除の技術云々の話しをしたがるのです。

シロアリ駆除の第一歩は徹底的な調査を行うことです。その調査結果を踏まえた上で、どのような薬剤を用いて、どのように処理するかへと繋がるのです。調査を行わずに見積もりを出すシロアリ防除業者は、薬剤を大量に撒き散らす悪徳業者ではないでしょうか。

本物の技術者によるシロアリ調査・駆除のご相談は阪神ターマイトラボのWEBからお問い合わせ下さい。

|

« 貴重な休日 | トップページ | 駆除と予防を一緒にするから問題である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/43072994

この記事へのトラックバック一覧です: 床下から見えるとは限らない:

« 貴重な休日 | トップページ | 駆除と予防を一緒にするから問題である »