« 今年の出来事(第1位) | トップページ | 大晦日 »

2008年12月30日 (火)

アメリカカンザイシロアリ-40

Kanzai041 昨日に引き続きアメリカカンザイシロアリの飼育ケース内からのご紹介です。昨日は本来の生息場所である丸太から穿孔して四角柱へ移動していた様子をご紹介しました。この四角柱は丸太の転がり防止の支え木として使用していますが、2本並べて置いています。

今回この2本ののけて掃除しようとしたところ、かなり強固な感じでくっついています。強引に2本を分けると内部に空洞が確認されました。この空間はアメリカンザイシロアリの生息場所で、開けたとたん慌てて通路へ逃げ込むアメリカカンザイシロアリの擬職蟻4匹が確認されました。

ここで観察すべきは強固にくっついていた部分です。この部分を拡大鏡で観察したところ、アメリカカンザイシロアリの糞でした。考えられるのは糞と唾液を混ぜバインダーとして使用していたのではないかと考えられます。言わば蟻土の一種でしょう。

アメリカカンザイシロアリは蟻道はつくらないと文献に書かれていますが、この蟻土も蟻道の一種ではないでしょうか。このように糞を活用していることを紹介している文献は見たことがありません。

いろいろなWEBでアメリカカンザイシロアリについて書かれていますが、自分で調べた内容ではありません。文献を鵜呑みにして記載されているのが殆どです。自称シロアリ技術者ばかりで、本当のシロアリ技術者が少ないのが残念でなりません。

もしあなたがシロアリ防除業者にシロアリ防除を頼むのであれば、『シロアリを飼ってらっしゃいますか?』と一言聞いてみて下さい。

|

« 今年の出来事(第1位) | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/43526583

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカカンザイシロアリ-40:

« 今年の出来事(第1位) | トップページ | 大晦日 »