« 最盛期 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-47 »

2009年3月27日 (金)

現場の経験

Inspection89 昨日はシロアリフォーラム発起人の一人である岡崎シロアリ技研の神谷さんのお誘いで宝塚市内のアメリカカンザイシロアリ駆除の現場に立会いました。小員以外の参加者として、いつもお世話になっている環境機器の川端さん、三重県のヤマト白蟻研究所の波田さんが参加されました。

アメリカカンザイシロアリの駆除については、神谷さんの手法を参考にしています。特にアメリカカンザイシロアリの場合、動きに応じた処理が重要となります。感覚的なものに近いので経験するしかありません。そのため、神谷さんについて現場を見させて頂くことは貴重な体験です。

写真は同行した環境機器の川端さんです。非破壊シロアリ探知機を使ってアメリカカンザイシロアリの生息確認を行っています(シロアリ探知機で手で持って調査するには熟練が必要で、手で持って調査できる人間は全国で数名もいませんのでご注意下さい)。

彼は技術コンサルタントとして、各地でセミナーの講師をしている人間です。聴講する皆さんが現場の人間ですので、現場を知らないと信頼を得ることができません。彼も各地でこうした現場経験を今後も積んで貰い、業界発展のため頑張って貰いたい思います。

|

« 最盛期 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-47 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/44479880

この記事へのトラックバック一覧です: 現場の経験:

« 最盛期 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-47 »