« シロアリは単体ではなく集団が相手である | トップページ | 信頼性 »

2009年5月 8日 (金)

基礎外断熱構造におけるシロアリ生息調査

Ttd60 昨日はあるメーカーさんのご紹介で愛知県犬山市のお宅までお伺いしました。このお宅は基礎外断熱構造で、水切り部分からヤマトシロアリの羽アリが発生しています。今回はその調査でお伺いしました。

非破壊シロアリ探知機を用いて基礎を調べた結果、多数の箇所でシロアリの生息は確認されました。

基礎外断熱構造の場合、この後の対策が重要です。土台から上の壁面に対しては薬剤処理をしてはならないからです。多くの基礎外断熱構造の場合、壁の中は家屋内扱いであり、壁面に処理された薬剤は確実に部屋に流れ込むからです。

いかにシロアリと対処するか、向き合うかが重要で、薬剤を撒くだけのシロアリ防除業者には駆除できません。シロアリ防除は薬剤を撒くことではないのですから。

|

« シロアリは単体ではなく集団が相手である | トップページ | 信頼性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎外断熱構造におけるシロアリ生息調査:

« シロアリは単体ではなく集団が相手である | トップページ | 信頼性 »