« アメリカカンザイシロアリ-51 | トップページ | 羽アリだけがシロアリ被害ではありません »

2009年8月20日 (木)

処理の方法はその状況に応じて変わること

Kanzai111 昨日は広島県福山市内でのアメリカカンザイシロアリの駆除でした。

テーブルの上にアメリカカンザイシロアリの糞が散乱しています。この状態は、高いところから糞が落ちてきていることを表しています。天井は無垢桧材の目透天井で、脱糞孔が確認されました。

天井面に向けての処理ですから、工夫して流出しないようにしなければなりません。とは言え、内空洞に薬剤をしっかり入れないといけません。決して厚くない板ですので、かなりの工夫が必要です。

アメリカカンザイシロアリ駆除の場合、薬剤と処理方法はそれぞれ数種類用意します。その状況にあった薬剤と処理方法を選ぶ必要があるのです。一つの薬剤や処理方法で全てを対応するのは難しいのです。

|

« アメリカカンザイシロアリ-51 | トップページ | 羽アリだけがシロアリ被害ではありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処理の方法はその状況に応じて変わること:

« アメリカカンザイシロアリ-51 | トップページ | 羽アリだけがシロアリ被害ではありません »