« 生息範囲が広がれば処理する範囲も広がります | トップページ | 正の走光性 »

2009年8月16日 (日)

アメリカカンザイシロアリ-50

Kanzai060 このブログで紹介しているアメリカカンザイシロアリ飼育ケースとは異なる飼育ケース内で羽アリが確認されました。

この直径20cm程ありますが、有翅虫の数は50匹以上確認されました。そのうち数匹は小型の飼育ケースへ入れて観察しています。

こうして群飛から落翅、あらたな女王と王の誕生につながるのでしょうが、この小さな容器の中では遺伝子はどのようになっていくのでしょうか。大学ではシロアリの遺伝子に関する研究が盛んに行われていますので、今後の研究成果に期待したいと思います。

|

« 生息範囲が広がれば処理する範囲も広がります | トップページ | 正の走光性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/45934394

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカカンザイシロアリ-50:

« 生息範囲が広がれば処理する範囲も広がります | トップページ | 正の走光性 »