« 見えないことの恐怖 | トップページ | 資料作成中 »

2009年8月11日 (火)

時間の要するベイト処理

Bait05 昨日は大阪府堺市内でのイエシロアリ対策でした。この物件では、自作ベイトシステムを設置しています。

ベイト(毒餌)剤は市販されているものを流用していますが、システムや容器はシンプルに自作しています。現場での経験をフィードバックしたもので、設置3週間が経過していますが、順調にベイト剤を食べています。

市販品はどうしてもコストが上がり、施工価格に反映されます。そこまで大袈裟なものは必要ではありませんし、シンプルにする方がシロアリの生態にも一致します。人間が使い易いものではなく、シロアリから見て食べ易いものしてあげる方がよいのです。

写真を見ておわかりの通り兵蟻に変化は見られません。このまま毒餌を順調に食べて貰いたいものです。

|

« 見えないことの恐怖 | トップページ | 資料作成中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間の要するベイト処理:

« 見えないことの恐怖 | トップページ | 資料作成中 »