« 晩秋のヤマトシロアリ | トップページ | イエシロアリとヤマトシロアリを混同してはいけません »

2009年11月16日 (月)

玄関の構造

Prevention70 昨日は『薬剤に頼らない新築対策』を行う西宮市内の物件へお伺いしました。

透湿防水シートも貼られ、順調に工事が進んでいます。この段階で重要なのは、玄関周辺をきっちりと確認する段階です。設計図からは見えないところを、現場で見ていきます。

この物件では、ベタ基礎を採用しています。そのため、シロアリの侵入ポイントは極めて限定的となり、特に玄関は注意が必要です。見た目には隙間がないように見えても、玄関はその構造から隙間をなくすことはできせん。そのため、この段階でチェックが重要です。

防蟻薬剤を処理しても家屋へ侵入する場合もあれば、処理しなくても侵入しない場合もあります。侵入ルートを押さえておけば、薬剤処理必要な場合その侵入ルートへ処理すればよいのです。薬剤に頼らない新築対策では、今後この侵入ルートをきちんと点検すればシロアリ対策になります。無理に薬剤に頼らなくても、構造を考え、しっかりと対策すればよいのです。

|

« 晩秋のヤマトシロアリ | トップページ | イエシロアリとヤマトシロアリを混同してはいけません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/46769294

この記事へのトラックバック一覧です: 玄関の構造:

« 晩秋のヤマトシロアリ | トップページ | イエシロアリとヤマトシロアリを混同してはいけません »