« 井戸のある家屋でのシロアリ駆除 | トップページ | 湿気の有無 »

2010年1月19日 (火)

侵入防止対策

Kanzai116 昨日はアメリカカンザイシロアリ対策で神戸市内の物件にお伺いしました。この物件はとある事情で駆除作業ができないため、小屋裏(天井裏)への侵入防止対策処理のみを行いました。

アメリカカンザイシロアリの場合、右の写真の通り小屋裏での糞の発生や被害がよく確認されます。これは有翅虫(羽アリ)が軒の隙間から侵入・生息するためです。小屋裏は太陽熱で温められ、暖かい環境であるため彼らにとって生息するのに適しているのでしょう。

夏場になると小屋裏は高温となり駆除や侵入防止対策処理を行うのは、大変な作業です。ましてや足場もおぼつかない状態ですので、気温の低いこの時期が最も効率よく作業することが可能です。

アメリカカンザイシロアリ対策のご相談は、阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせ下さい。

|

« 井戸のある家屋でのシロアリ駆除 | トップページ | 湿気の有無 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/47328699

この記事へのトラックバック一覧です: 侵入防止対策:

« 井戸のある家屋でのシロアリ駆除 | トップページ | 湿気の有無 »