« 動きは鈍くなっているものの | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-58 »

2010年1月 8日 (金)

床下の高さ

Inspection152 右の写真は、昨日ご覧頂いた布基礎と地面の接点で確認されたヤマトシロアリが構築した蟻道です。

この床下は、地面から床板まで高さが60cmあります。床下換気口の面積がしっかりと取られているので、換気は問題ありません。

シロアリの生態をよくご存じないハウスビルダーの方は、『換気が十分で、床下の高さがしっかりあればシロアリは侵入しない』と言われます。しかし、シロアリにとって乾燥はあまり意味がありません。

シロアリは体表面の乾燥を防ぐため、蟻道を構築します。蟻道内部は湿気を通さない防湿層が作られていますので、乾燥していても問題ないのです。

シロアリ1匹を持ってきて観察すると、乾燥して死んでしまいます、だから乾燥に弱いというのは短絡的です。シロアリは集団で活動する社会性昆虫です。社会性昆虫であるという前提で対策を立てないといけないのです。

|

« 動きは鈍くなっているものの | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-58 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床下の高さ:

« 動きは鈍くなっているものの | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-58 »