« シロアリから家を守ること | トップページ | こんなところにも沢山の翅が »

2011年5月10日 (火)

窓で羽アリが確認されました

Ttd108 昨日は神戸市内のお宅へお伺いしました。昨年、駆除処理を行ったお宅です。先日、2階の窓際で羽アリが確認されたとのことです。

この物件は、床下構造を持たない逆ベタ基礎構造です。基礎屋外側に何本かの蟻道を構築し、建物内へ侵入していました。また、非破壊シロアリ探知機を用いてシロアリの生息範囲を精査した結果、屋外側からの侵入ではなく、逆ベタ基礎内側の何らかのクラックの侵入も考えられました。

そこで昨年はピンポイントで薬剤を注入し、処理しています。予防という概念はありませんので、定期点検による早期発見をテーマとしています。

今回羽アリが確認されたということなので、定期点検を兼ねてお伺いした次第です。各所を丹念に精査した結果、新たなシロアリの被害、侵入や生息は確認されませんでした。この2階で確認された羽アリも1匹だけですので、洗濯物と一緒に取り込んで、部屋内へ持ち込まれたものと推察されました。

今回のような薬剤処理範囲が極めて限定的となる逆ベタ基礎構造では、こうしたピンポイント処理と定期点検管理が最も有効な手段でしょう。この手法は逆ベタ基礎ではなく、一般的な構造の住宅でも対応可能ですので、詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせ下さい。

|

« シロアリから家を守ること | トップページ | こんなところにも沢山の翅が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/51625145

この記事へのトラックバック一覧です: 窓で羽アリが確認されました:

« シロアリから家を守ること | トップページ | こんなところにも沢山の翅が »