« 表面処理 | トップページ | 対策を間違えないように »

2011年8月17日 (水)

被害の出る構造

Extermination268 昨日は神戸市内でのシロアリ駆除でした。この物件では浴室入口でシロアリの被害が確認されています。

この浴室は一度リフォームされていますが、ユニットバスではなく、在来構造を踏襲した構造です。このような構造では浴室の四方を囲む基礎の内側からシロアリが侵入します。

四方が基礎で囲まれていますので、外敵の侵入や生息が少ないのでシロアリには有難い構造です。ましてや浴室壁面や床面にクラックがあると常に水が供給できる状態となりますので、生息には更に好条件となります。

リフォームの際、これら問題を解決できるユニットバスであれば問題なかったのですが、在来型では被害が出る可能性を考えて対処する必要があったものと考えられます。結局シロアリが侵入して駆除に発生する費用を考慮すればユニットバスへ交換しておけばよかったかもしれません。

ちなみにシロアリの侵入は浴室だけですので、浴室以外の場所には処理していません。シロアリ対策は床下全面に薬剤を撒くだけではありません。必要以上の薬剤を撒いて高額な費用が発生するシロアリ対策が一般的でしょうが、今回のように必要な部分だけ処理を行うシロアリ対策もあるのです。

|

« 表面処理 | トップページ | 対策を間違えないように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/52490758

この記事へのトラックバック一覧です: 被害の出る構造:

« 表面処理 | トップページ | 対策を間違えないように »