« 屋外でも | トップページ | 薬剤よりも処理方法 »

2011年12月 8日 (木)

解体で発見となりました

Extermination288 昨日は大阪市内でのシロアリ駆除でした。いつもお世話になっているハウスビルダーさんから、『浴室を解体していたら、被害のあった木材からシロアリが出てきた』と連絡頂きました。

既に浴室が解体され、ユニット化のためベースのコンクリートが流し込まれ、周辺の被害木材は撤去されていました。シロアリはこの被害木材にいたのではなく、手前の脱衣室側の木材です。被害木材については、被害内部へ薬剤の注入処理を行うとともに、周辺への侵入防止処理を行いました。勿論、被害はこの場所のみですので、建物全体への薬剤処理はしていません。

浴室解体時にシロアリ被害が見つかるケースは多々あり、多くはシロアリの姿が見えません。このケースでは、解体時の振動などによるストレスで、シロアリは地中に逃げていることが多いようです。ここで何も対策を立てないと、後々シロアリが再侵入されるケースがあるため注意が必要です。

|

« 屋外でも | トップページ | 薬剤よりも処理方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/53433111

この記事へのトラックバック一覧です: 解体で発見となりました:

« 屋外でも | トップページ | 薬剤よりも処理方法 »