« 特性を掴んでいないから | トップページ | ユーザー説明会 »

2012年2月22日 (水)

築古年でも

Inspection364昨日は大阪市内でのシロアリ調査でした。築古年の長屋で、周囲ではシロアリの生息も確認されています。

この物件では、これまでにシロアリ駆除はおろかシロアリ調査も実施されていません。しかし、今回の調査結果ではシロアリの被害や侵入した形跡なども確認されませんでした。

床下から見ると家屋の歴史が見えます。この物件では、昔あったかかまども確認されました。この台所であったところは、床が貼られリフォームされています。それでもシロアリは侵入していません。

古い長屋ですので、換気口はなく、写真でもわかる通り水漏れが確認され、湿気の滞留は相当です。しかし、シロアリは侵入していないのです。湿気が多いとシロアリが侵入するというのも、結構いい加減です。『古いから』や『湿気が多いから』だけで判断するのは危険です。ちゃんとシロアリがいるかいないかを見ることが重要なのです。

|

« 特性を掴んでいないから | トップページ | ユーザー説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築古年でも:

« 特性を掴んでいないから | トップページ | ユーザー説明会 »