« 定期点検 | トップページ | 監視することの重要性 »

2012年10月24日 (水)

同定しにくい大きさ

Ant62昨日は室内で小さなアリが徘徊しているとのことから、兵庫県内の物件にお伺いしました。お伺いした際には前日からの雨の影響から、アリの徘徊は確認されませんでした。

事前にセロハンテープで採取された虫体を持ち帰り同定を行いました。アリの大きさが1mm前後であること、腹部の縞模様からこの季節によく問い合わせを頂くサクラアリかと思いましたが、腹柄の形状や体色からヒメアリと同定しました。光の当て方で少し判定しにくかったようです。

ヒメアリは家屋侵入種としても有名で、刺咬事例もあるので注意が必要です。雑食性なので餌があると連続して侵入してきます。

お施主さまはアリの巣ころりを置かれていましたが、残念ながらヒメアリの大きさでは運ぶことができませんので、効果は期待できません。小さいアリなので、侵入経路きちんと見つけて対応したいと思います。

|

« 定期点検 | トップページ | 監視することの重要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同定しにくい大きさ:

« 定期点検 | トップページ | 監視することの重要性 »