« 屋外被害と基礎外断熱 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-78 »

2013年2月19日 (火)

原因究明の必要性あり

Inspection466昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で大阪府内の物件にお伺いしました。

この物件では2階和室の畳寄せに被害が確認されています。畳寄せに隣接する畳を上げると、畳の裏にまで蟻土が確認されました。

この物件で発生しているシロアリはヤマトシロアリです。2階まで被害が及んでいるため、ハウスビルダーさんはイエシロアリではないかと思われたそうです。

ヤマトシロアリの被害が2階まで及ぶケースは、決して珍しいわけではありません。但し、高所にまで被害が及ぶ場合は、高所に水の供給源があると考える必要があります。ハウスビルダーさんには、雨漏れなどがないかどうか確認して貰うようお願いしました。こうした原因を改善しないと抜本的なシロアリ対策にはならないのです。

|

« 屋外被害と基礎外断熱 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-78 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原因究明の必要性あり:

« 屋外被害と基礎外断熱 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-78 »