« 確定申告 | トップページ | 在来種と思われますが »

2013年3月16日 (土)

セミナー聴講

Seminar60昨日はいつもお世話になっている防虫コンサルティング商社さんである環境機器さんのセミナーを聴講しました。

今回は一番聞きたかった演題は、大阪市立自然史博物館の濱田先生によるカビの話しです。濱田先生は元々大阪市立環境科学研究所で研究されており、小員も研究員時代に学会等で発表をよく聴講したものです。

この先生の面白いところは、カビを悪者にしていないところです。今回のセミナーの質疑応答でも、『床下のカビを指数化するには』という質問に対して、『床下にカビが生えているのは当たり前』と指摘されました。商売ベースではなく、本当に必要なことを正直にお話し頂く先生です。

床下のカビ対策をビジネスにしている業者さんも多いはずです。防カビ剤を撒いたり、湿気対策と称して床下調湿材や備長炭、竹炭など確かに効果はあるのでしょうが、濱田先生が言われるとおり、床下にカビが生えていても問題ないのは小員も同意見です。床下は高温多湿に対応するために生まれた空間であり、カビがあっても問題にしなくてもよいのです。

セミナーでは自分で仕入れることができない情報や仕事のヒントが転がっています。これからもできるでけこうしたセミナーを受講していきたいと思います。

|

« 確定申告 | トップページ | 在来種と思われますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セミナー聴講:

« 確定申告 | トップページ | 在来種と思われますが »