« 雨漏れを放置してはいけません | トップページ | 増築した方に »

2013年7月12日 (金)

他にも生息していました

Extermination366昨日は兵庫県内でのシロアリ駆除でした。この物件はパッシブソーラー構造の住宅で、床吹き出し口からヤマトシロアリの羽アリの発生した物件です。

事前のシロアリ調査では、幸いにも建物内での被害はほとんどなく、屋外側から侵入したシロアリが床下側へ群飛孔を設けたという事例でした。

このケースでは、パッシブソーラー構造ですので、室内側からの薬剤処理は厳禁です。屋外側からの薬剤処理で対応する必要がありますが、それでも使用量は最小限にしなければなりません。そのためには薬剤の選定も重要ですが、処理に工夫も必要です。

今回屋外側から処理したしたところ、窓枠と壁の隙間からクロアリが大量に出てきました。中には羽アリも確認されました。中には既に翅を落とした雄アリや雌アリが大量に確認されました。

シロアリとアリは生息域が重複するケースがあります。この場合の多くは、アリが優先種となりますが、種類によっては共生するケースもあります。今回の大量のアリを見られたお施主さまは、アリの駆除もできたので喜ばれていました。

当社はシロアリ駆除以外にもアリなどの家屋害虫対策を行っています。お問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« 雨漏れを放置してはいけません | トップページ | 増築した方に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/57770069

この記事へのトラックバック一覧です: 他にも生息していました:

« 雨漏れを放置してはいけません | トップページ | 増築した方に »