« 床下土壌表面に確認された綿状物質 | トップページ | ディーラー車検 »

2014年1月24日 (金)

アフリカヒラタキクイムシ対策打ち合わせ

Lyctidae200 昨日はアフリカヒラタキクイムシ対策で兵庫県内の物件にお伺いしました。

この物件は昨年の夏に対策を実施し始めたマンションで、現在までモニタリングを継続しています。お施主さまがこのマンションを売却することとなり、今後のアフリカヒラタキクイムシ対策に打ち合わせすることとなりました。

販売仲介業者さんとしては、できるだけ売り易い条件にしたいとの希望から、現状被害のある箇所を中心にリフォームを行うとともに、薬剤処理などの補助的処理を行うこととしました。リフォームについても、小員がお薦めするビルダーさんにお願いをしました。

勿論、実施したのでもう終わりではなく、きちんとひと夏越して再発しないかどうかまできちんと責任を持つ予定です。防除業者さんの中には薬剤を処理して終わり、ハウスビルダーさんがリフォームして終わりという方もおられますが、責任がなさ過ぎです。ヒラタキクイムシがわかっていないから、できるだけ避けたいということなのでしょうか。但し、酷いビルダーさんになると知らぬ存ぜぬと逃げる業者もいるので注意が必要です。

ヒラタキクイムシ対策は複合的に対策を立案し、それをきちんと実行する必要があります。ヒラタキクイムシ対策のお問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 床下土壌表面に確認された綿状物質 | トップページ | ディーラー車検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/58996520

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカヒラタキクイムシ対策打ち合わせ:

« 床下土壌表面に確認された綿状物質 | トップページ | ディーラー車検 »