« シロアリ予防の副次的効果 | トップページ | 組み合わせること »

2014年1月21日 (火)

捕獲は確認されませんでした

Lyctidae198 昨日は大阪府内でのヒラタキクイムシ対策でした。この物件で発生しているヒラタキクイムシは被害が甚大となるアフリカヒラタキクイムシです。

この物件では建築されたハウスビルダーは倒産しており、責任の所在を話し合うことができません。そのため、リフォーム業者さんと協力しながら対策を行うともに、モニタリングのためライトトラップの設置を行っています。

今回の点検調査では、ライトトラップの捕虫紙にアフリカヒラタキクイムシの捕獲は確認されませんでした。室内でも新たな成虫脱出孔や成虫死骸等確認されませんでした。

今回の調査でほぼ制圧できたものと考えられましたが、お施主さまの希望でライトトラップの設置は継続することとなりました。ライトトラップ設置の継続であれば、そう費用もかかりません。モニタリング機器として有効ですので、設置継続は得策と言えるでしょう。

アフリカヒラタキクイムシ対策は、薬剤処理のみや部材交換のみでは再発のリスクが高く、再発した場合には元の被害よりも甚大となります。当社ではアフリカヒラタキクイムシの生態に考慮し、対策を立案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考下さい。

|

« シロアリ予防の副次的効果 | トップページ | 組み合わせること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/58983903

この記事へのトラックバック一覧です: 捕獲は確認されませんでした:

« シロアリ予防の副次的効果 | トップページ | 組み合わせること »