« 更新講習受講 | トップページ | 被害状況の判断は »

2014年2月 8日 (土)

処理は分けて考えること

Extermination395 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。

この物件は先日シロアリ調査に伺い、便所入口枠に被害を確認した物件です。この物件では床下点検口がなかったことから、今回ハウスビルダーさんに新設してもらいました。

床下側から点検調査を行った結果、この便所入口枠付近に蟻道及び被害が確認されましたが、その他の場所では確認されませんでした。

シロアリ駆除処理としては当該箇所の限定的処理で十分対応可能ですが、お施主さまの要望で建物の予防処理も行うこととなりました。但し、処理としては駆除と予防をきっちりと分けて処理を行いました。

当社のシロアリ駆除予防処理は、駆除と予防を内容を分けて対策を行います。これは無駄な薬剤量を削減するための処理です。当社のシロアリ駆除の考え方は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 更新講習受講 | トップページ | 被害状況の判断は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処理は分けて考えること:

« 更新講習受講 | トップページ | 被害状況の判断は »