« 基礎外断熱構造シロアリ対策 | トップページ | 脱皮阻害剤の効果 »

2014年7月27日 (日)

巣穴を確認

Ant86昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんのご紹介で、大阪府内の物件にお伺いしました。室内で小さなアリが徘徊しているとのことです。

現場を確認すると、台所を中心にアリの徘徊が確認されました。アリを捕獲し種類を確認したところ、サクラアリでした。サクラアリは地中や倒木に営巣する種類として知られていることから、床下からの点検調査を行いました。

その結果、床下土壌表面に巣穴が確認されました。営巣場所や活動範囲が特定できたことから、駆除は状況に合わせ対処すれば問題ありません。

よくこの時期に、小さなアリでお問い合わせ頂きます。アリが小さい場合、サクラアリと判断しがちですが、多くはもう少し大きいトビイロケアリやルリアリです。アリは種類が異なると、生態が異なるため対処方法も異なります。必ずアリの種類を特定することが重要です。

当社では必ずアリの種類を特定、活動範囲を調べた上で対処を行います。アリ対策は阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせ下さい。

|

« 基礎外断熱構造シロアリ対策 | トップページ | 脱皮阻害剤の効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60051128

この記事へのトラックバック一覧です: 巣穴を確認:

« 基礎外断熱構造シロアリ対策 | トップページ | 脱皮阻害剤の効果 »