« 羽アリのお蔭で見つかりました | トップページ | 基礎外断熱構造シロアリ対策 »

2014年7月25日 (金)

大量のアリが

生息が確認されたトビイロケアリ昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。浴室入口枠から大量のアリが発生したとのことです。

早速現場を確認すると、浴室入口枠でアリの徘徊が確認されるとともに、羽アリの存在も確認されました。アリを採取し同定した結果、7~8月に羽アリが見られるトビイロケアリでした。

トビイロケアリは、木材腐朽部に営巣する種類として知られています。浴室周辺の腐朽部に営巣しているものと考えられました。このようなケースでは、シロアリ被害跡に生息するケースやすぐそばにシロアリが生息するケースがありますので、床下点検調査することをお薦めしました。腐朽がある場合、浴室からの水漏れも十分注意しなければなりません。水漏れ修理やリフォームを念頭に置く必要があります。

虫が発生した場合、虫を駆除するだけではいけません。虫が何故発生したのか、虫が教えてくれる家屋の問題に対応する必要があります。当社では単なる駆除だけでなく、家屋保全に目を向けています。害虫対策のご相談は阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« 羽アリのお蔭で見つかりました | トップページ | 基礎外断熱構造シロアリ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60036410

この記事へのトラックバック一覧です: 大量のアリが:

« 羽アリのお蔭で見つかりました | トップページ | 基礎外断熱構造シロアリ対策 »