« 脱皮阻害剤の効果 | トップページ | 生息部からの流出 »

2014年7月29日 (火)

生息域と活動域

Extermination423昨日はアリ駆除のため、奈良県内の物件にお伺いしました。この物件は、以前ルリアリ駆除でお世話になった方からのご紹介です。

事前のお話しでアリの種類をサクラアリとトビイロケアリに絞り込み、準備をした上でお伺いしました。現場で徘徊するアリを採取し、同定を行った結果、サクラアリでした。

サクラアリの駆除では、薬剤の選択、処理濃度と処理量を最適化する必要があります。その上で生息域と活動域に対して、上手く処理する必要があります。

どのように処理されるのですかというご質問をよく頂きます。基本的に、現場を見て処理方法を決めます。推定される生息域がどのよう材料であるかなど、処理にあたって注意しなければならないことが沢山あるのです。サクラアリだから、この薬剤を使えばよいというものではないのです。

当社のアリ対策は、現場調査の上対応します。現場を見ていないうちに見積もりを要求されても、費用の算出ができないことをご了承下さい。アリ対策は阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせ下さい。

|

« 脱皮阻害剤の効果 | トップページ | 生息部からの流出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60057762

この記事へのトラックバック一覧です: 生息域と活動域:

« 脱皮阻害剤の効果 | トップページ | 生息部からの流出 »