« 羽アリ発生 | トップページ | 順調に喫食しています »

2014年7月12日 (土)

連日の発生

Lyctidae226昨日はヒラタキクイムシ対策でご相談を頂いた、大阪府内の物件にお伺いしました。

築3年目の物件で、トイレの壁面に小さな穴があき、木屑の堆積が確認されています。被害内部より虫体を採取し同定した結果、外来種のアフリカヒラタキクイムシでした。

この物件での問題点は、大手ハウスメーカーさんの対応です。合板を製造する際、熱処理しているので殺虫できているため、外部から侵入したの一点張りです。

外来種ですので屋外から侵入することは、まずありません。製造時の熱処理ですが、卵には効果がありません。合板の保管中や輸送中に産卵されるケースもあります。特定は困難ですが、お施主さまの責任はほぼありません。あるとしたら、発生を放置することにより被害が拡大したケースです。

このように責任逃れをするケースは、大手も中小も関係ありません。責任をきちんと取る姿勢があれば、きちんと対応してくれると思います。私ができるのは、虫体の同定と状況証拠から得られる想定侵入経路の説明までです。後はお施主さまとハウスメーカーさんと話し合い次第です。その後の対応が当社で行うこととなるのか、他社で行うこととなるのかはわかりませんが、依頼があればきちんと対応したいと思います。

当社ではヒラタキクイムシ対策を行っていますが、最も大切なのは虫体の同定です。その上で具体的な対策を立案します。お問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« 羽アリ発生 | トップページ | 順調に喫食しています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/59964933

この記事へのトラックバック一覧です: 連日の発生:

« 羽アリ発生 | トップページ | 順調に喫食しています »