« 同じ地域でも羽アリの時期は異なります | トップページ | 駆除完了の確認と後処理 »

2014年8月24日 (日)

生息範囲を広げた可能性

Cimicidae05昨日ははいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。お施主さまの話しでは、トコジラミが発生しているとのことです。今回も好意にしている害虫防除業者さんと同行しています。

室内を確認すると、襖の縁や鴨居、敷居に血糞、これら隙間には死骸、脱皮柄や卵などが確認されました。最も被害があった部屋での生体は僅かでした。お施主さまのお話しでは、この部屋でバルサンを焚いたとのことです。

残念ながら、バルサンでトコジラミの駆除はできません。それどころか、バルサンによって生息範囲を広げてしまいます。写真のトコジラミは、その部屋の隣の玄関で撮影したものです。トコジラミにしてみれば、玄関は生息場所としては不適な場所であり、バルサンによって逃げ出したのは明白です。

トコジラミについては、簡単に駆除できる害虫ではありません。室内側での薬剤使用は、安全性にも最大限配慮が必要です。一般の方が対応すると、かえって生息域を広げ被害を拡大する可能性が極めて高いのです。

トコジラミ駆除については、好意にしている害虫駆除防除業者さんの技術が高く、信頼できるためいつもお願いしています。トコジラミ駆除については、ご紹介方式となりますことをご了承下さい。

|

« 同じ地域でも羽アリの時期は異なります | トップページ | 駆除完了の確認と後処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60196045

この記事へのトラックバック一覧です: 生息範囲を広げた可能性:

« 同じ地域でも羽アリの時期は異なります | トップページ | 駆除完了の確認と後処理 »