« 床下が全ての原因ではありません | トップページ | メンテナンスを考慮していないのか »

2014年9月20日 (土)

侵入したアリ対策

Ant92昨日は継続的に対応している兵庫県内の宿泊・レクレーション施設にお伺いしました。この施設では基本的にIPMで管理を行っています。

ゴキブリについてはトラップ調査による管理を行っていますが、今回そのトラップにアリの捕獲が確認されました。捕獲されていたのは大型種のムネアカオオアリです。

ムネアカオオアリは糖類は勿論、動物性蛋白質も必要な雑食性です。幸いにも刺咬事例はあまり確認されていないため、比較的おとなしい種類なのでしょう。但し、体長が大きいため、嫌われるのは仕方がないのでしょう。

アリ駆除はIPM管理対象外であり駆除処理は別途料金となるため、今回は施設管理者の方に、対処できる方法をレクチャーしました。この方法で対処できなかった場合、技術者による対策が必要となることをご説明させて頂きました。

アリ対策は、薬剤処理や市販毒餌剤では簡単に駆除できない事例が多いようです。その原因は、アリの生態に合っていない対策であることが原因です。当社ではアリの生態に合わせて対策を行います。詳細につきましては、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 床下が全ての原因ではありません | トップページ | メンテナンスを考慮していないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60341970

この記事へのトラックバック一覧です: 侵入したアリ対策:

« 床下が全ての原因ではありません | トップページ | メンテナンスを考慮していないのか »