« 庭に被害がありますが | トップページ | 早めに対処しておけば »

2014年10月28日 (火)

生息域に処理すること

Cockroach17昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。

この物件は先日シロアリ調査を行い、シロアリの生息が確認されなかったことから、薬剤処理による対策の必要はないと判断しました。しかしお施主さまからゴキブリが多数侵入するので何とかして欲しいとのことから、対策を行った次第です。

ゴキブリ対策でもそうですが、駆除の基本は生息域対策と侵入防止対策です。この物件での生息域は、排水経路で敷地内のマンホールを開けると、成虫や幼虫がうじゃうじゃと活動する様子が確認されました。ここに適切な薬剤を施工することで、概ねの駆除は完了します。上手く侵入防止処理を組み合わせることで、家屋内での目撃事例を抑制することができます。

薬剤は規定通り撒けばよいというものではなく、対象害虫の生態に合わせて対策を立てなければなりません。当社では効率的な薬剤を使用することで対策を行います。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考下さい。

|

« 庭に被害がありますが | トップページ | 早めに対処しておけば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60558485

この記事へのトラックバック一覧です: 生息域に処理すること:

« 庭に被害がありますが | トップページ | 早めに対処しておけば »