« 非破壊シロアリ調査 | トップページ | ウェブサイト更新 »

2014年10月31日 (金)

僅かに発生しているようですが

Lyctidae235昨日はヒラタキクイムシ対策で、愛知県内の物件にお伺いしました。

この物件では、外来種のアフリカヒラタキクイムシの発生が確認されています。発生原因となった部材については既に撤去されてるものの、まだ室内で散見されているとのことです。

この物件ではアフリカヒラタキクイムシのモニタリングとして、ライトトラップを設置しています。今シーズンの捕獲数は十数匹で、撤去した部材以外にも発生箇所があるものと考えられました。但し、発生数も少ないことから、捕獲による生息数削減効果も期待できることから、来期もライトトラップによるモニタリングを継続することとしました。

ヒラタキクイムシが発生している物件では、発生している種類の同定を行うことが必須です。その上で、適切な対処方法を立案することが重要です。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考下さい。

|

« 非破壊シロアリ調査 | トップページ | ウェブサイト更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60568689

この記事へのトラックバック一覧です: 僅かに発生しているようですが:

« 非破壊シロアリ調査 | トップページ | ウェブサイト更新 »