« カンモンシロアリ羽アリ | トップページ | 2014年度総括 »

2014年12月30日 (火)

床下で活動していた虫

Collembola01 昨日は、いつもお世話になっている建築士の先生から虫体の同定依頼を頂きました。ある物件の床下で大量発生しており、捕獲したので確認して欲しいとのことでした。

早速、送付頂いた虫体を確認した結果、トビムシ類でした。ちなみにトビムシ類は種類が多く、特定することが困難です。

トビムシは基本的に雑食性で、多くは菌類や植物腐植質を餌としています。そのため、自然界では分解者としての役割を担っています。益虫としての役割を持っている旨の報告と、薬剤処理が不必要である旨を建築士の先生に報告しました。

室内で大発生した場合には、気持ちが悪いので対処する必要があるかもしれませんが、床下で発生している分には放置してもよいでしょう。虫だから駆除するのではなく、問題のない虫とは共存しては如何でしょうか?

|

« カンモンシロアリ羽アリ | トップページ | 2014年度総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60886307

この記事へのトラックバック一覧です: 床下で活動していた虫:

« カンモンシロアリ羽アリ | トップページ | 2014年度総括 »