« 屋外からの | トップページ | 点検可能となった床下で確認されたもの »

2014年12月 3日 (水)

晩秋から初冬に発生する羽アリ

Ant94昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。掃き出し窓付近から、羽アリが発生しているとのことです。

床下側から点検調査を行った結果、発生していたのはサクラアリの羽アリでした。晩秋から初冬に発生する羽アリと言えばサクラアリです。

アリの中でも小型のアリで、当社への問い合わせの多い種類です。但し、初夏に羽アリの発生するトビイロケアリを、サクラアリと間違えるケースが非常に多いのも特徴です。

市販の毒餌剤が効きにくいとされていますが、食性的には適合していますので、毒餌の大きさが大きいため、運べないのかもしれません。正しい薬剤処理を行えば、駆除の難しい種類ではありません。

当社ではアリ駆除、アリ対策を行っていますが、必ず種の同定を行った上で対策を行います。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 屋外からの | トップページ | 点検可能となった床下で確認されたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60749411

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋から初冬に発生する羽アリ:

« 屋外からの | トップページ | 点検可能となった床下で確認されたもの »