« 全面処理の必要性 | トップページ | 無闇に孔をあけるものではない »

2015年1月29日 (木)

立春前の最も寒いシーズンですが

Ant95昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の飲食店にお伺いしました。厨房内でアリが徘徊しているとのことです。

早速現場で調査を行ったところ、厨房壁面で徘徊するアリを確認しました。色が艶黒く、動きの素早いアリでしたが、捕獲し同定を行った結果、ルリアリでした。

ルリアリは雑食性ですが、肉食にやや偏りが見られるアリで、壁内に営巣するアリとして知られています。

問題は発生場所で、食品を扱う厨房ですので、薬剤を撒くのはできるだけ避けたいところです。とりあえず、オリジナル配合の毒餌剤の施薬を行いましたが、同じ餌はすぐに食べ飽きるルリアリでは難しいかもしれません。

大寒から立春までは、最も気温の下がる時期とされていますが、熱源のある厨房では活発に動いているようです。アリ対策は安易な薬剤処理は、かえって活動範囲を広げてしまうため注意が必要です。

当社のアリ対策は、アリの種類や活動範囲、生息環境に合わせて対策を行います。詳細につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 全面処理の必要性 | トップページ | 無闇に孔をあけるものではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/61049360

この記事へのトラックバック一覧です: 立春前の最も寒いシーズンですが:

« 全面処理の必要性 | トップページ | 無闇に孔をあけるものではない »