« 床下換気口設置 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-85 »

2015年1月20日 (火)

寒い時期でも徘徊しています

Inspection675昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、京都府内の物件にお伺いしました。幼児施設の厨房内に、アリが徘徊しているとのことでした。

早速現場を確認すると、窓付近の天井近くに小型のアリの徘徊が確認されました。施設の方が市販のアリ駆除用毒餌剤(スーパーアリの巣コロリ)を設置されたようですが、全く見向きもしないとのことです。

徘徊していたアリを採取し同定した結果、室内でよく見られるルリアリでした。ルリアリは肉食性に寄った雑食性で、アリ駆除用毒餌剤の含まれる餌成分と食性が一致しないため、ほとんど効果が期待できません。今回の事例でも、ルリアリが全く見向きもしなかったのは、これが理由です。

ルリアリは壁内など狭い空間に営巣するケースが多く、多女王性のため難防除なアリです。ましてやこの寒い時期で動きがやや鈍く、活動範囲の見極めがかなり困難です。今回の事例は厨房で、かつ幼児施設であるため、安全性により配慮をする必要があります。より工夫をして、対応したいと思います。

当社でのアリ対策は、アリの種類や生息環境に応じ、安全性に配慮した対策を行います。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考下さい。

|

« 床下換気口設置 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-85 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/60999202

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い時期でも徘徊しています:

« 床下換気口設置 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-85 »