« 適切な調査と対策を行わなかった結果 | トップページ | 薬剤を撒いてはいけない構造 »

2015年7月21日 (火)

溜まる木屑

Inspection732 昨日は、窓際で木屑が溜まるので何か害虫が生息しているのではないかとご相談を頂いた、兵庫県内の物件にお伺いしました。

早速現場を確認すると、木材噛み潰したような木屑が確認されました。お施主さまは、アメリカカンザイシロアリではないかとご心配されていましたが、この木屑の原因はアリによるものです。

ムネアカオオアリやミカドオオアリ、クサオオアリなどの種類では、柱のホゾ周辺を噛み営巣することが知られています。以前、雨漏れもあったことから、営巣するのに条件が揃っていたのでしょう。アリの姿が見えないので、このまま様子見としました。姿が見えるようであれば、対処を考えたいと思います。

アリ対策は、種類を特定した上で生態を考慮した対応が必要です。アリ対策のお問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願い致します。

|

« 適切な調査と対策を行わなかった結果 | トップページ | 薬剤を撒いてはいけない構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/61923220

この記事へのトラックバック一覧です: 溜まる木屑:

« 適切な調査と対策を行わなかった結果 | トップページ | 薬剤を撒いてはいけない構造 »