« 羽アリ発生 | トップページ | 点検調査で見えてきたもの »

2015年7月12日 (日)

シロアリの羽アリではありません

Inspection727 昨日は、兵庫県内の物件にお伺いしました。以前シロアリ対策でお世話になった不動産仲介業者さんから、浴室で羽アリが発生した物件があるとのことから、点検調査の依頼を頂いた次第です。

早速現場で確認を行ったところ、羽アリは写真にある浴室窓枠付近から発生したとのことです。お施主さまがたまたま羽アリを捕獲されていたとのことから、種類の同定を行った結果、トビイロケアリの羽アリでした。トビイロケアリの巣が浴室壁内にあると考えられました。

トビイロケアリは木材の腐朽した箇所に営巣する種類として知られ、このシーズンである7月から8月にかけて羽アリが発生します。新たなコロニーを生み出すための行動ですが、しかし壁内の営巣状態は継続されています。壁内では腐朽状態が継続していますが、その理由としては水分の供給があると共に、トビイロケアリが活動していることが挙げられます。そのため、トビイロケアリを適切に駆除するとともに、水分供給源を絶つ対策が必要です。

トビイロケアリ対策も薬剤大量散布の必要はありません。営巣場所は限定的ですし、活動範囲も大きくありませんので、必要最小限で処理することが可能です。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 羽アリ発生 | トップページ | 点検調査で見えてきたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/61876334

この記事へのトラックバック一覧です: シロアリの羽アリではありません:

« 羽アリ発生 | トップページ | 点検調査で見えてきたもの »