« 点検調査で見えてきたもの | トップページ | 薬剤処理ではなく定期点検で »

2015年7月14日 (火)

木製遊具で大量発生

Ant98 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。アリが大量発生しているとのことです。

発生している場所は幼児施設の木製遊具で、大量のアリが徘徊していました。木製遊具の一部では腐朽が進行している様子も確認されました。

アリの同定を行ったところ、トビイロケアリでした。木製遊具の腐朽箇所で、徘徊している事例と一致しています。トビイロケアリの刺咬事例は報告されており、成人では殆ど問題ありません。但し、乳幼児や高齢者などでは、腫れ上がる事例も確認されています。今後、休暇期間を利用して対策を実施する予定ですが、幼児さんがおられますので細心の注意を払って対処したいと思います。

アリ対策で薬剤大量散布の必要はありません。営巣場所と生息範囲を調査し、処理する場所を絞り込むことで対応可能です。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 点検調査で見えてきたもの | トップページ | 薬剤処理ではなく定期点検で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/61882243

この記事へのトラックバック一覧です: 木製遊具で大量発生:

« 点検調査で見えてきたもの | トップページ | 薬剤処理ではなく定期点検で »