« 床下の狭い現場 | トップページ | 梁まで広がる被害 »

2015年9月25日 (金)

維持管理の重要性

Trap24 昨日は継続的に対応している兵庫県内の宿泊・レクレーション施設にお伺いしました。この施設ではIPM管理で害虫対策を行っています。

IPM管理では、6ヶ月以内ごとに定期に統一的に調査を実施しています。トラップ調査が基本で、その調査結果に基づき発生防止のための必要な措置を講ずることとなっています。

当社が管理する以前はこの施設では、ある防除業者によって薬剤処理されていたそうです。施工後は臭いと濡れの問題で、従業員さんからは不評だったとのことです。

当社がIPM管理を行い始めた当初は、トラップ調査だけで不安という声もありましたが、現在では皆さんがご理解を頂き、適切な管理状態を維持しています。何よりも臭いと濡れの問題が解消されたので、大変喜ばれています。

薬剤処理だけが害虫対策ではありません。当社の害虫対策については、IPM管理を基本としています。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 床下の狭い現場 | トップページ | 梁まで広がる被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62351128

この記事へのトラックバック一覧です: 維持管理の重要性:

« 床下の狭い現場 | トップページ | 梁まで広がる被害 »