« 梁まで広がる被害 | トップページ | ヒラタキクイムシではありません »

2015年9月27日 (日)

住宅医スクール2015大阪

Seminar90 昨日は、一般社団法人住宅医協会主催の住宅医スクール2015大阪で講師を務めさせて頂きました。

ご依頼頂いた講義内容は先日東京や浜松で行った内容と同じく『防蟻対策の実務-シロアリ駆除と予防法の実例』です。シロアリ駆除と予防は薬剤処理が一般的ですが、協会から認定を受けた薬剤もあれば、効果があいまいな薬剤もあります。その中でも注意が必要なのは、あたかも効果のあるような記載がされた薬剤です。

試験が行われて良好な結果が出ているケースでは、その試験方法自体が現場を再現しているか否かは別問題です。試験では良好な結果が得られても、現場で効果がない薬剤は多く存在します。今回はそのような現場での事例を、写真を使って説明させて頂きました。

実験室で効果があっても、現場で効果がなければ意味はありません。シロアリの生態にあった薬剤を使うことが重要ですし、シロアリの生態を理解することがシロアリ対策の根幹です。今後も更に精進し、シロアリの本当の生態やシロアリ対策について中身のある講義にしていきたいと思います。当社では、シロアリに関するセミナーを行っています。詳細につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考下さい。

|

« 梁まで広がる被害 | トップページ | ヒラタキクイムシではありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅医スクール2015大阪:

« 梁まで広がる被害 | トップページ | ヒラタキクイムシではありません »