« 的確な判断のもとに | トップページ | 定期点検 »

2015年10月30日 (金)

駆除確認と侵入防止処理

Prevention223 昨日は、シロアリ侵入防止処理のため大阪府内にお伺いしました。この物件ではシロアリ調査によって、広範囲に多数の被害が確認されており、コロニーも複数あると考えられました。

前回はシロアリの生息範囲及び侵入経路に薬剤処理を行う、駆除処理を行いました。今回は駆除完了確認を行うと共に、侵入防止処理を行いました。

前回の駆除処理で使用した薬剤量は、数リットルです。それでもシロアリの生息範囲と侵入経路を理解し、最適な薬剤処理の方法を熟知していれば、大量散布の必要はありません。今回の確認作業では、シロアリ駆除の完了が確認できました。

侵入防止処理は床下の状態により判断しますが、当該物件ではイエシロアリの生息が確認されることから実施することとしました。侵入防止処理についても、一般的に行われている薬剤の大量散布ではなく、処理ポイントを絞り込んだ処理を行っています。

当社ではお住まいの方の安全を最優先し、薬剤曝露リスクの高い高濃度殺虫剤の大量散布は行いません。駆除や予防に最適な濃度と処理量で安全に配慮し、シロアリ駆除予防を行います。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 的確な判断のもとに | トップページ | 定期点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62572500

この記事へのトラックバック一覧です: 駆除確認と侵入防止処理:

« 的確な判断のもとに | トップページ | 定期点検 »