« 薬剤注入してみて | トップページ | シロアリ監視ステーション »

2015年11月 3日 (火)

想定される経路に

Prevention224 昨日はいつもお世話になっているリフォーム業者さんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。

この物件は、先月シロアリ調査を行っていますが、現時点でシロアリの被害、侵入や生息はありません。その際の判断では、薬剤処理によるシロアリ対策は不要であると説明しました。しかし、お施主さまは過去に住んでおられた物件で羽アリの発生を経験されておられることから、シロアリ対策を施したいとのことでした。また、最近ゴキブリも出るようになったので、何か対策したいとのことから、お伺いした次第です。

シロアリ対策としては、シロアリの侵入し易い箇所のみ限定的な処理を施しました。ゴキブリに対しては副次的な効果を期待して、想定潜伏場所に処理を行いました。シロアリ処理でゴキブリへの効果を謳うことは薬事法違反になりますので、あくまで副次的な効果であることを重ねてお施主さまへ説明させて頂きました。

シロアリ対策の全てが、ゴキブリへの副次的効果が期待できる訳ではありません。薬剤の特性とゴキブリの生態を理解していなければ対応できません。床下対策のご相談は阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« 薬剤注入してみて | トップページ | シロアリ監視ステーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62600151

この記事へのトラックバック一覧です: 想定される経路に:

« 薬剤注入してみて | トップページ | シロアリ監視ステーション »