« 古民家とシロアリと腐朽 | トップページ | ウェブサイト更新 »

2015年11月30日 (月)

今後の点検調査

Copt111 昨日はあるマンションの総会にオブザーバーとして参加しました。イエシロアリの発生したマンションですが、駆除を担当したシロアリ防除業者ではなく、今後のシロアリに関する点検管理を承ったことから、参加した次第です。

このマンションでは、最上階にイエシロアリが発生しました。この周辺ではイエシロアリの生息が多く確認されているため、羽アリが飛来し、営巣していました。当初、駆除を担当したシロアリ防除業者は、ベイト剤を用いての駆除を行っていました。少しオペレーティングに問題があり、駆除まで相当時間を要したようです。

残蟻が確認される状態で解体撤去が行われましたので、残蟻による再生の可能性は否定できなかったことから、この2年間点検調査を行ってきました。いずれもシロアリの生息は確認されなかったことから、駆除完了の判定を行いました。

近隣を考慮すると、今後も羽アリの飛来は避けることはできません。シロアリが営巣できる環境を完全に排除することもできませんし、薬剤処理は構造的に困難です。そうなると有効なシロアリ対策は、定期的な点検調査です。必要最小限の費用で、安心して暮らせる環境を提供できるよう、点検調査を実施していく予定です。

シロアリ対策は薬剤を撒くことだけではなく、点検調査でも対応可能です。点検調査によるシロアリ対策につきましては、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 古民家とシロアリと腐朽 | トップページ | ウェブサイト更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62773477

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の点検調査:

« 古民家とシロアリと腐朽 | トップページ | ウェブサイト更新 »