« アフリカヒラタキクイムシのモニタリング | トップページ | 現場で起きていること »

2015年11月23日 (月)

この時期に問い合わせの多いアリ

Ant103 いつもお世話になっているハウスビルダーさんから、虫が送られてきました。一昨年建てられたお宅のダイニングキッチン付近でアリが徘徊しているとのことです。

送付頂いたアリを同定した結果、サクラアリでした。サクラアリは10月から12月にかけて羽アリを出すアリで、この時期に最も問い合わせの多い種類です。

非常に小型のアリで、コロニー内の生息数が多いため、徘徊が始まると非常に不快です。この時期でも結構室内で徘徊が確認されます。

アリが室内で徘徊する場合、多くは市販のアリ用毒餌剤が用いられます。しかし、餌の嗜好性が一致しなかったり、餌がそもそもおおき過ぎたりと色々と問題があり、駆除できた事例を殆ど聞きません。サクラアリの問題は、コロニーによって若干の嗜好性が違うため、事前に嗜好性を確認することも重要です。

駆除するにはどの薬剤を使うかではなく、生態に合わせて対策を考えることが重要です。当社ではサクラアリ対策を行っています。お問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« アフリカヒラタキクイムシのモニタリング | トップページ | 現場で起きていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62722354

この記事へのトラックバック一覧です: この時期に問い合わせの多いアリ:

« アフリカヒラタキクイムシのモニタリング | トップページ | 現場で起きていること »