« アメリカカンザイシロアリ-87 | トップページ | 虫体採取ができませんでした »

2015年12月15日 (火)

処理すべき場所

Prevention229 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。

この物件はリフォーム中の古民家で、シロアリ被害は広範囲に確認されています。そこでお施主さまからも安全で有効な対策を施して欲しとのことから、事前にシロアリ調査を行い、具体的なシロアリ対策を提案させて頂きました。

ポイントは古民家であり、石場建ての伝統工法である点です。シロアリ被害が確認されているため、薬剤処理は有効な手段ですが、使用する薬剤の種類に配慮する必要があります。また、構造的にも幾つかの工夫を行い、お住まいの方の安全を優先させるため、使用する薬剤量を減らす工夫も必要です。

シロアリ対策はマニュアルに従って薬剤を撒くことではなく、建物の構造を考慮して対策を講ずることが必要です。当社では、建物の構造やシロアリ被害状況、お施主さまの安全に対する考え方を考慮し、シロアリ対策を提案します。お問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« アメリカカンザイシロアリ-87 | トップページ | 虫体採取ができませんでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62874662

この記事へのトラックバック一覧です: 処理すべき場所:

« アメリカカンザイシロアリ-87 | トップページ | 虫体採取ができませんでした »