« 改修に伴うシロアリ対策 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-87 »

2015年12月13日 (日)

処理方法は現場に応じて

Extermination493 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。先月にシロアリ調査を実施した物件でのシロアリ駆除処理が今回の目的です。

シロアリ被害は床上で便所及び浴室で羽アリの発生や被害が確認されています。床下でも広範囲に被害が確認されています。右の写真は便所でのシロアリ駆除の様子で、壁面に薬剤注入処理を行っています。処理方法について、居住者さまは元より、同業者からもお問い合わせを頂きます。しかし、処理方法や処理場所に正解はありません。

被害及び生息状況、使用する薬剤の特性を理解した上で、処理する方法や場所を決める必要があるのです。この場所での被害だからと言って、マニュアルに従って処理をするから再発するのです。処理方法や処理場所ありきではなく、現場毎に最適な方法を選択するのがプロの仕事です。

当社では、現場の応じた処理方法を選択するため、事前のシロアリ調査は必須です。シロアリ調査につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照のうえお問い合わせ下さい。なお、シロアリ調査につきましては有料となりますのでよろしくお願いします。

|

« 改修に伴うシロアリ対策 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-87 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62855879

この記事へのトラックバック一覧です: 処理方法は現場に応じて:

« 改修に伴うシロアリ対策 | トップページ | アメリカカンザイシロアリ-87 »